たまご速報

2ch・5chまとめサイト http://tamasoku.blog.jp/

    カテゴリ: 女子一般

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/12/11(月) 21:32:21.23 ID:cNIXGtsM0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    渋谷・道玄坂の「NATURALIA」は、すっぴんの女子スタッフとの会話を楽しめる“すっぴんカフェバー”。
    札幌と大阪の計3店舗を構える同店の女子スタッフは、全員が正真正銘のすっぴんだという。
    カウンターに立ち、アルコールや軽食を提供しながら客とおしゃべりするスタッフは、大学や専門学校に通う20代女子が中心だ。

     「スタッフは、ナチュラルで地味なことが条件。普段から、メイクをあまりしていないという子も多いです。
    どこにでもいる普通の女の子と、気軽に話せるリアルさが店のコンセプトです」こう語るのは、代表の小川功祐さんだ。

     いわゆる“夜のお店”に行けば、綺麗にドレスアップをしてメイクもバッチリな女性からプロの接客を受けられるが、同店はその真逆。
    「女子スタッフは、ナチュラルなこと、地味なこと、夜のお店は未経験なことが採用の基準です」(小川さん)

     渋谷という土地柄からは若い客層を想像するかもしれないが、客層は30~50代の仕事帰りのサラリーマンが中心。
    肩の力を抜いてちょっとしゃべりたい、お酒を飲みたいなという仕事帰りに立ち寄る人が多いという。

    この日は19時に店を訪れたが、サラリーマンや学生風の男性客で、席の大半が埋まっていた。

     そもそも、なぜ男性は女性のすっぴんが好きなのだろうか?

     「世の男性の全てが、女性のすっぴんを好むわけではありません。すっぴん好きは、とくに日本男性に特有の嗜好といえるでしょう」と語るのは、化粧心理学者の平松隆円氏だ。

     「諸外国では、化粧はおろか整形にすら寛容な国が多い一方で、日本ではまだまだ賛否があります。
    これには、日本人が“天然モノ”を愛するという、文化的な背景が存在しているといえます。
    日本食のお刺身を例にすれば、天然ものと養殖ものに対する評価は大きく変わりますよね」(平松氏)

     天然モノの刺し身は、身が締まり、臭みがない。高級料亭などでは、その素材の味を生かすため余計な味つけは不要と考えられている。
    自然のままであることが、そのまま高い価値となるのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171211-00152393-diamond-bus_all
    no title

    記事の続きを読む

    このページのトップヘ